先天性股関節脱臼

先天性股関節脱臼は、

股関節がきちんとはまっていないために起こります。

 

生後まだ股関節が完成していないうちに

おむつをきつく当てたり、

足がまっすぐになるように抱いたりしたために、

なることがあります。

 

遺伝的な要素もあり、

女の子の方に多く見られます。

この病気の特徴は、歩けるようになって、

足の開きが悪く、動きが制限されてしまうことです(開排制限)

 

 

先天性股関節脱臼の症状

脱臼しているか、脱臼しかかっているのに痛みがありません。

股を開くと、脱臼している方の足の開きが悪く、

ももの内側のしわの数や位置が左右で違います。

 

仰向けに寝かせて両膝を立てると、

左右のひざの高さが違います。

 

関節の動きは悪くなく、初めは外から見ても気付かない場合が多いです。

股関節のX線検査をして確かめましょう。

 

 

先天性股関節脱臼の治療

開排制限が軽いときは、おむつ療法が主体です。

少し厚手のおむつをあてて、

膝関節を開いた市井を維持するように保つと、

しぜんに矯正されていきます。

 

症状が重い場合は、

生後3~4ヶ月頃から特殊なバンドを数ヶ月装着します。

それでも治らないときには手術を行います。

 

疑わしいときには、

レントゲン検査や超音波検査を行います。

ほおっておくと歩行障害を起こすので、

3~4ヶ月健診でもよくみてもらいましょう。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL