偏平足

偏平足は、足の裏が平らで、

ほとんどくぼみがない形の足のことです。

いわゆる土踏まずが見えないべた足の状態です。

べた足のために、長時間立っていたり、歩き続けていると、

偏平足でない普通の人よりも疲れて、痛みも強く現われます。

 

関節が柔らかい乳幼児や、先天性股関節脱臼の子にみられます。

足の筋肉が弱い場合は、くるぶしの内側が突き出ている状態の

外反足を伴うこともあります。

外反足に合併して、偏平足も起こりやすいので、

子供の場合は小児外反偏平足といいます。

 

幼児では土踏まずが見えないこともありますが、

これは足の裏の死亡が厚いためで、成長すれば治ります。

 

先天性の場合は、矯正運動を毎日行うと、

自然に矯正されます。

症状が軽い場合は、素足で土の上を歩くとか、

爪先立ちで歩くなどして、足の裏を積極低に使うことで

自然に治ることが多いので心配いりません。

 

しかし症状が重い場合は、偏平足挿板という矯正器具を

足の裏に装着したり、矯正用の靴をはいたりして、

2~3年続けているうちに治ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL