溶血性貧血

赤血球の寿命は120日程度です。

溶血性貧血はなんらかの原因で赤血球の寿命が

短くなるために起こる貧血です。

 

先天性溶血性貧血と後天性溶血性貧血があり、

先天的な病気には、

遺伝性球状赤血球や、遺伝性楕円赤血球症などがありますが、

幸い、いずれも日本人にはまれな病気です。

 

また、後天性溶血性貧血には、免疫と関係するものが多く含まれ、

母子間の血液型不適合による、新生児溶血性貧血がとくに問題です。

 

慢性の溶血性貧血の主要症状は、

貧血、黄疸です。

治療は原因により様々ですが、重症貧血には輸血が必要不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL