好中球減少症

白血球の一部である好中球は、

感染防御を主な働きとしています。

従って好中球の減少が著しい好中球減少症にかかると、

感染症にかかりやすくなります。

 

新生児から乳児期の小児では、

口内炎、歯肉縁、扁桃炎、肺炎などを繰り返したり、

またおできなどもできやすく、

なかなか治りません。

髄膜炎や敗血症などの重症感染症を引き起こすこともあります。

 

遺伝の確率も高いので、同じ病気の家族をもつ小児の場合は、

一度検査を受けておくとよいでしょう。

このほか薬剤や化学物質、放射視線、栄養障害などが原因として考えられます。

 

症状が無かったり、軽症の場合、とくに治療を必要としませんが、

感染症にかかると抗生物質などが投与されます。

これによって感染症が完治しても、

小児の場合、新たな感染症にかかる危険性が高いので、

なるべく人ごみを避けるようにするなど、

日頃から感染症予防を心がけることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL