再生不良性貧血

再生不良性貧血とは、

血液細胞の製造工場である骨髄の機能低下により、

赤血球だけでなく、白血球、血小板が減少する貧血です。

 

白血球が減少すると、感染に対する抵抗力が弱くなり、

血小板が減少すると、出血しやすくなります。

そのため、貧血症状のほかに、感染しやすい、出血しやすいという危険を伴います。

 

日本の小児を対象とした血液学会の発表によれば、

毎年、新たに再生不良性貧血と診断される小児は、

約70人と報告があがっています。

 

再生不良性貧血の原因

造血能力の障害は、放射能を浴びることや、

ある種の抗生物質や消炎鎮痛薬、肝炎ウィルスなどにより

起こるとみられまうす。

 

再生不良性貧血の症状

症状としては、貧血のために顔色が非常に悪い、

つかれやすい、ちょっとぶつけただけでもあざができる、

歯ぐきから出血する、小さな傷からの出血や鼻血が止まらないなどです。

また症状が重い場合は死亡することもあります。

 

再生不良性貧血の治療

治療としては、

軽症および一部の中等症の小児に関しては、

無治療で経過観察を行いますが、

その結果、薬物治療が必要であれば、

オキシメトロン、メプチオスタンといったタンパクどうかホルモンが投与されます。

 

しかし、重症の場合は薬物治療で硬化をあげることは難しく、

骨髄移植が検討されます。

 

骨髄移植した小児の生存率は高く、

たとえば再生不良性貧血の中でも、染色体異常が顕著な疾患である

ファンコニ貧血の小児患者の骨髄移植では、

70~90%の長期生存例が報告されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL