停留精巣

赤ちゃんの睾丸(精巣)は、

胎児期にはおなかの中にあります。

 

成長とともに下がって、

生まれる頃には陰のうの中に納まりますが、

何らかの原因でおなかの中に留まってしまうことがあり、

これを停留精巣といいます。

 

片方だけの睾丸である場合が多いですが、

ときには両方の睾丸がそうなる場合もあります。

未熟児の約30%にこの症状がみられ、

鼠径ヘルニアを併発している場合もあります。

 

停留精巣の症状

停留睾丸になっても痛みはありません。

陰のうに触れても睾丸の感触がなく、

股の付け根を触ると、

丸いしこりがあって気付くことが多いようです。

また、まったくふれないこともあります。

 

停留精巣の治療

自然に降りることもありますが、

1歳ぐらいまでに降りないと

精巣の発達が悪くなるので

6ヶ月から1歳の間に陰のうの中に移動させ、

固定させる手術をします。

 

長い間放置しておくと、

大人になってから不妊症や悪性腫瘍になることもあります。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL