亀頭包皮炎

赤ちゃんや幼児では、

尿や便から細菌感染しやすく、

亀頭と包皮の間で炎症を起こしたものを

亀頭包皮炎といいます。

 

乳幼児の場合、亀頭が包皮で覆われているため、

尿で汚れたりして垢がたまりやすくなります。

 

細菌が繁殖して炎症を起こし、

これが原因で尿路感染症になることもあります。

 

亀頭包皮炎の症状

おちんちんの亀頭と包皮が

赤く腫れ、かゆみや痛みがあります。

ときに膿が出たり、出血したりすることもあります。

おしっこをするときに痛がるのも特徴です。

 

この病気は、血液や膿がおしっこにまじるので、

尿路感染症と間違えられることもあります。

 

実際に亀頭包皮炎が

尿路感染症の原因になることもあるので注意しましょう。

 

亀頭包皮炎の治療

炎症に気付いたら早めに治療を受けることです。

炎症を起こしている部分を消毒して、

抗生物質や軟膏や内服薬で治療します。

 

包茎のために包皮がまくりにくいもので、

感染を繰り返す場合には、

手術で包皮を切開します。

 

入浴時には亀頭部分の洗浄に気を配り、

常に清潔に保つように心がけましょう 。

 

お風呂でむいて洗うことを習慣づけることで、

包皮はよりむきやすくなります。

 

乱暴にむくと出血したり、包皮が戻らなくなって危険です。

ケアしてあげる大人の手は清潔にしておきましょう。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL