皮膚カンジダ症

皮膚カンジダ症は、

カンジダというカビが皮膚に感染して起こります。

 

おむつの中は湿度が高いので、

カビが繁殖するには好条件です。

 

また、カンジダ菌は便の中にもいて、

ひどい下痢でおしりの皮膚がただれると起こることもよくあります。

 

皮膚カンジダ症の症状

症状はおむつかぶれやあせもと似て、

股やおしりなどの皮膚がこすれやすいところに、

鮮やかな赤い色のただれができて、縁から皮がむけてきます。

 

健康な肌と赤くなった肌の境界がはっきりしています。

赤くなった皮膚のところどころに、

薄くむけた皮がついていたり、

水ぶくれや膿をもった発疹が混じっています。

かゆみがるので赤ちゃんは不機嫌になります。

 

 

皮膚カンジダ症の治療

ふつうのおむつかぶれを区別するため、

皮膚の一部を擦り取って、

カビの存在を確かめる真菌検査を行うことがあります。

 

カンジダが原因とわかれば、

抗真菌剤の軟膏が処方されます。

患部はこまめに洗って清潔を保ち、

処方された外用薬は手を滑らすように、

薄く塗りましょう。

 

毎日きちんと塗れば、1~2週間でよくなるでしょう。

また下痢の時は、下痢止めで早く下痢を止めることも大切です。

 

あせもやおむつかぶれに見える皮膚炎が、

薬をつけてもなかなか治らない場合は、

皮膚カンジダ症である可能性があります。

 

その場合、おむつかぶれに使うステロイド軟膏を塗っていると、

皮膚の抵抗力が落ちて症状がより悪化してしまいます。

何の病気かを早めに見極めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL