水いぼ

水いぼは伝染性軟属腫ともいい、

いぼの中の水いぼウィルスの汁が、

手でかいたりして別の部位について、

どんどん広がります。

 

10歳以下の子供によく起こる病気です。

原因ウィルスにも色々あり、症状も変わってきます。

 

皮膚と皮膚の接触や、同じタオルなどでもうつりますが、

実際には子供同士の遊びや、水泳教室などでうつるというケースが多いです。

またアトピー体質の子は皮膚をかくことが多いので感染しやすいです。

 

水いぼの症状

直径1~3mmの丸いふくらみで、

真ん中が少し凹んでいるのが特徴です。

色は皮膚と同じで、

ツヤツヤしています。

 

出やすいのは胸、わきの下、腕の内側、

陰部、内股など皮膚のやわらかい部分です。

 

乳幼児では、1個だけできることは少なく、

ある部分にたくさん固まってできるのが普通です。

 

それは、かきこわしたり、不費が擦れ合ったりして、

いぼの中の汁が他の部分について広がっていくためです。

3~4mmぐらいの大きさまで育った水いぼは、

炎症を起こしてジクジクし、赤くただれることもあります。

 

水いぼの治療

半年から数年で免疫ができれば自然に治ります。

その間は、できるだけ皮膚をかかないように、

非ステロイド消炎剤を広くつけ、

なるべく湿疹状態にならないようにしたり、

抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を飲ませたりすることがあります。

 

しかし、幼稚園や保育園でプールシーズン前に、

病気を治すように言われた時には、

治療することもあります。

 

治療は、いぼをピンセットでつまんだり、

冷凍凝固などで1個1個とるものです。

痛いので、数が少ないうちに済ませましょう。

入浴は差し支えないので、

できるだけ皮膚を清潔に保つことを心がけて予防しましょう。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL