乳児脂漏性湿疹

生まれてまもなくから3ヶ月くらいの赤ちゃんは、

皮膚の分泌がさかんで、

とくに頭の大泉門のあたりや、

髪の毛の生え際などに皮脂がたまりやすいために、

乳児脂漏性湿疹が発生します。

 

 

 

 

乳児脂漏性湿疹の症状

脂漏性湿疹は、乳児湿疹の一種で、

逃避にある皮脂腺からぷんぴつされる油脂分とふけが

一緒になって固まり、

頭、顔にうろこのような

黄色いかさぶたができます。

 

皮膚が赤みを帯びてむけたようになることもあります。

頭部を中心に、ひたり、眉毛と眉毛の間などの

太い毛のあるところにできやすく、ほお、口の周り、

股、胸や脚の付け根などの脂腺の多いところにもできることがあります。

 

いずれにしても生後3ヶ月くらいには自然に消えてしまうので、

あまり心配はいりません。

アトピー体質の赤ちゃんには乳児脂漏性湿疹 が出やすい傾向にあります。

 

 

乳児脂漏性湿疹の治療

症状が軽ければ、

オリーブ油やベビーオイルをぬって

かさぶたをふやかしてから、

刺激の少ないシャンプーを泡立てて洗います。

 

顔についたふけ状の固まりは、

おふろのあと、

オリーブ油やベビーオイルをガーゼなどにつけて、

そっとふき取ります。

 

かさぶたがこびりついて取れないときや、

かさぶたの下が赤くなっているときには

小児科か皮膚科を受診します。

 

感染を起こしかけて赤くなったり、

ジクジクしているときは、

ステロイドの外用薬を使います。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL