とびひ

とびひは、正式には「伝染性膿痂疹」といい、

虫に刺された所や湿疹、

擦り傷をかきこわしたところに、

黄色ブドウ球菌が感染して起こります。

 

水ぶくれや膿をもった湿疹の汁には菌がいるので、

それをさわった手で、

ほかの皮膚やほかの子の皮膚にさわると、

飛び火してうつることから

この名前で呼ばれています。

 

とびひは夏に多く見られます。

 

 

とびひの症状

湿疹などをかきこわしたところに

かゆみのある水ぶくれができます。

 

水ぶくれの大きさは様々で、

2㎝ぐらいに大きくなるものもあります。

水ぶくれはすぐに破れてジュクジュクとした

汁をもつようになります。

 

そこをかいた手で他の部分をかくと、

手についた菌が次々とくっついて広がっていきます。

 

まれに黄色ブドウ球菌の持つ毒素が全身に回って、

全身の皮膚g亜真っ赤になり、

やけどのように皮膚が剥がれるなど、

激しい症状が出る場合があり、

その場合は入院治療が必要になります。

 

また、とびひに生後間もない赤ちゃんがかかると、

敗血症や肺炎などを併発する場合があるので注意が必要です。

 

とびひは本人だけでなく、周りの人にもうつります。

 

 

とびひの治療

イソジンなどで消毒したり、

抗生物質の軟膏と、内服薬で治療します。

 

かゆみが強いときには、

かゆみ止めも処方されます。

 

抗生物質は効果が十分に出て細菌が死滅するまでに

時間がかかるため、医師に言われた期間は使用し続けること。

 

患部の清潔を保ちながら乾かし、

爪を切っておくなど悪化させない工夫をしましょう。

 

水ぶくれがすっかり乾くまでは、シャワーだけにして、

家族にも感染するので、タオルも専用のものを使わせましょう。

石鹸で洗っても大丈夫ですが、

ゴシゴシふきとらないようにしましょう。

 

ジクジクしているときには、

消毒したあと患部にガーゼを当てて保護します。

爪も短く切っておきましょう。

 

赤ちゃんの皮膚のトラブルを軽くみないように。

たかが虫刺されやあせもだと甘く見ていると、

かきこわしてとびひになることがあるので、

治りにくいときには、小児科か皮膚科を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL