おむつかぶれ

おむつの中の湿度が高くなると、

皮膚がふやけて傷つきやすい状態になります。

 

もともと赤ちゃんの皮膚は、未熟で薄く、

皮脂の分泌も少ないので、外的な刺激に対する抵抗力が弱いのです。

 

おむつを当てているところの皮膚が、

おしっこやうんちで汚れたり、

こすれたり、通気が悪くなって起こるのが

おむつかぶれです。

 

おむつを濡れたままにして、

かえるのが遅れたり、下痢だったりするときになることが多いです。

 

おむつかぶれの症状

おむつを当てているところに赤い発疹ができて、

周囲が赤くなります。

ジュクジュクしてくることもあります。

 

但し、その症状が現われるのは、

おむつが直接当たっている部分に限られていて、

股のくびれやしわの奥などは赤くなっていないのが特徴です。

 

おむつかぶれには、かゆみやヒリヒリとした痛みがあり、

うんちやおしっこをすると患部にしみるために、

排泄のたびに火がついたように泣くこともあります。

 

おむつかぶれがなかなか治らない時には、

カンジダ皮膚炎など、

ほかの皮膚病も考えられるので

早めに病院へ行きましょう。

 

 

おむつかぶれの治療

病院では炎症を抑える軟膏が処方されます。

赤ちゃんの皮膚はやわらかくてかぶれやすいものです。

 

おむつの当たる場所が少し赤いなと思ったら、

おむつ交換のたびにふくだけでなく、

ぬるま湯で洗います。

 

お風呂の時も、

石鹸分や水分が残らないようにして、

よく乾燥させてからおむつを当てましょう。

 

予防が第一で、こまめにおむつを替えて、

おしりを清潔に乾燥した状態に保つことが大切です。

症状が出ている時はおしりふきなどで、

ゴシゴシと強い刺激を与えるのは避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL