虫垂炎

虫垂炎とは、

盲腸の先についている虫垂が

細菌感染などで炎症を起こすものです。

 

悪化すると腹膜炎を併発することもあります。

盲腸炎とも呼ばれます。

 

 

 

虫垂炎の症状

おへそ周りや、みぞおちのあたりなど、

おなか全体が痛みます。

 

その後、熱が出ますが、37度程度で、あまり高くなりません。

右の下腹が痛くなり、

嘔吐や下痢を伴います。

 

小児の場合、大人に比べると虫垂が開いているために、

虫垂炎にかかりやすいとされていますが、

便や石などによる閉塞から、細菌に感染し、

発症する場合があります。

 

一度発症すると、大人に比べて進行が早く、

しかも発見が遅れて腹膜炎を併発する可能性が高いので、

早期発見、早期治療が重要です。

 

 

虫垂炎の治療

手術をして虫垂を取り除きます。

赤ちゃんではなかなか診断がつきにくいものですが、

疑わしいときには腹部の超音波検査などが行われます。

 

腹膜炎の併発で重くしないよう、

おなかをさわると痛がるときや、

微熱が続くときには早めに受診しましょう。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL