胃食道逆流症

乳児には珍しくない症状で、

授乳後に寝かせると、口からミルクを吐きます。

 

軽症の場合は、とくに深刻な病気というわけではなく、

食道と胃の境にある括約筋がゆるんでいたり、

また発育が不十分なためにおこる症状です。

したがって、一般的には成長とともに改善されていきます。

 

しかし、こうした状態が続くと、

吐いたものの中に血が混じり、

貧血や体重現象の原因になります。

喘鳴 から、慢性的なせきをするようになったりもします。

 

このような障害が出る前に、授乳には注意するようにしましょう。

 

対処法としては、授乳したあとしばらくは、

上体を起こしておくことです。

 

その際、起こしておく時間や角度を観察し、

乳児が吐かないですむような状態を調節することで、吐乳はやむでしょう。

 

それでも改善がみられない場合は、

1回の授乳の量を減らして、回数を増やすようにするのもひとつの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL