胃軸捻転

正常な胃は、横隔膜の下の食道と肝臓の下の十二指腸の間にあって、

下向きの半円弧状に垂れ下がった形をしています。

 

新生児や乳児では、胃がしっかりと固定されていないため、

胃が回転してねじれたりして、

食物の通過が妨げられるということがよくおきます。

この抗体を胃軸捻転といいます。

 

授乳後、なかなかげっぷが出ず、嘔吐が頻繁である場合には、

この病気の可能性があります。

 

しかし、こうした捻転は、成長するにしたがって解消されるのが普通です。

目安としては、生後3~6ヶ月です。

 

それまでの対処法としては、哺乳後、げっぷを十分に出したら、

少なくとも1時間ぐらいは上体を起こしておくことです。

その後、うつぶせで寝かせると、胃を圧迫して位置が変わるために、

おっぱいが小腸に流れ込み、ゲップもうまくできるようになります。

 

こうすることで、ミルクの十二指腸への流れはよくなります。

また、哺乳をゆっくりと時間をかけて行い、

空気を飲み込まないように注意することも大切です。

 

ごくまれな例として、2歳をすぎても改善がみられない場合は、

胃の固定術などが行われます。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL