細菌性胃腸炎

細菌性胃腸炎とはいわゆる食中毒のことです。

食中毒とは、 サルモネラ菌、ブドウ球菌などの細菌、化学物質などがついた

飲食物を食べたり飲んだりしたときに起こる健康障害のことです。

 

食中毒の予防ポイントは、

菌をつけない、菌を増やさない、菌を殺すが三原則です。

 

食中毒は起こり方が急激で、

嘔吐、下痢、腹痛、発熱など急性胃腸炎のの症状が生じますが、

症状が軽いものが大半です。

 

サルモネラ陽炎

感染源
夏から初秋に多く、主に卵、食肉の汚染や

犬や猫、亀などペットから感染することもあります。

猫が糞をする砂場も要注意です。

 

特に要注意なのは、卵からの感染です。

鳥の卵の表面には食中毒菌がついていると考えて扱ってください。

 

症状
食べてから8~48時間以内に

激しい下痢、腹痛、嘔吐、発熱が見られます。

激しい症状は48時間以内に治まりますが、

下痢は長引きます。

 

カンピロバクター陽炎

感染源

牛や豚、猫、鶏など動物の便で汚染された

食肉や牛乳を通して人に感染します。

ペット等とキスをして感染することもありますので、注意が必要です。

 

症状

日本の細菌性胃腸炎に占める比率が高い。
食べてから3~5日後ぐらいに、

血の混じった下痢便、激しい腹痛、嘔吐が見られます。

 

ブドウ球菌食中毒

感染源
化膿した傷がある手で調理した

食べ物からの感染がもっとも多く、

サンドイッチ、おにぎり、お弁当、シュークリームなどを

食べてから起こることが多いです。

 

症状
食べて1~6時間後に、

嘔吐、腹痛、下痢が見られます。

比較的軽症ですみます。

 

ボツリヌス菌食中毒

感染源
ハム、ソーセージ類、いずし、すじこなどを媒体とします。

1歳未満の赤ちゃんにはハチミツも感染源です。

 

症状

突然発病し、下痢や嘔吐のほかに、

力が入らない、声がでない、手足がしびれる、呼吸困難などを伴い、

命の危険があります。

 

O-157感染症

感染源

病原性大腸菌の一種、O-157に感染して起こります。

菌から発生するベロ毒素のため、

出血性の症状が起こります。

人から人へも感染します。

 

症状
3~5日の潜伏期のあと、

腹痛と下痢で始まり、

やがて激しい腹痛、下痢、真っ赤な血便が出ます。

悪化するとベロ毒素のために溶血性貧血、脳症を起こします。

この菌に感染すると、成人の多くは軽い下痢程度ですみますが、

子供や高齢者の場合は、重大な経過をたどるケースもあります。

 

細菌性胃腸炎の治療

原因によって治療法は違います。

下痢止めなどは用いてはいけません。

体力の消耗を抑えつつ、脱水におちいらないよう水分を補給します。

 

細菌を取り除くコツ

①水道水には塩素が含まれているので、殺菌作用があります。

水道水でよく洗うことは第一の基本です。

 

②トイレの後や調理の途中、

砂場遊びをした後や外から帰ってきた後は、

必ず手を洗いましょう。

消毒用せっけんを使うとより効果的です。

 

③ レタスやキャベツなどの野菜は、

1枚1枚切り離してから、よく洗ってください。

水道水に一晩つけておくのも効果的です。

根野菜は皮をむいて使うこと。

夏場や野菜を湯通しして食べるほうが安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL