クラインフェルター症候群

男性に見られる性染色体異常です。

男の子のもつ性染色体は普通XとYが1本ずつですが、

クラインフェルター症候群だとX染色体が1本多くあります。

 

男の赤ちゃんの1000人に1人の割合で見られます。

 

 

 

クラインフェルター症候群の症状

男性ホルモンの分泌が少なくなり、

睾丸が小さく、思春期の2時性徴の発達がよくありません。

身長は高く、手足が長く見えます。

また、無精子症、女性化乳房が高確率でみられます。

 

クラインフェルター症候群の治療

男性ホルモンを投与して経過をみます。

小児のうちは発見されにくく、

成人してから不妊検査で発見されることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL