未熟児網膜症

早産の場合、

目の網膜が未熟な状態で生まれるため、

網膜の血管の発育に異常がおきます。

 

未熟児、とくに体重1500g以下の極低出生体重児に

起こりやすい視力障害です。

 

網膜が十分に発達していないことが最大の原因ですが、

多くは酸素吸入や人口呼吸器による、

酸素の過剰投与が引き金となって起こります。

 

 

未熟児網膜症の治療

眼底検査をして

異常の有無を調べます。

ほとんどの場合、軽症で自然に治りますが、

重症のときは高度の視力障害を残し、最悪の場合、失明します。

 

ある程度病状が進行した場合は、

光凝固や冷凍凝固という方法で

異常に発育した血管を治療することもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL