呼吸窮迫症候群

ふつう、呼吸をすると肺がふくらんで、

酸素が取り入れられます。

 

未熟児の場合、この働きを促す物質である

サーファクタントが十分につくられないために、

呼吸しようとしても肺が十分に開かず、

呼吸困難になります。

 

息を吸おうとしても、肺がふくみにくく、

酸素不足で呼吸が早くなったり、

うめいて苦しそうにすることもあります。

 

また、唇や爪が紫色になる

チアノーゼがみられることもあります。

 

 

呼吸窮迫症候群の治療

酸素吸入をしたり、

十分な酸素を取り入れられるように

人工呼吸器を使います。

 

人工的につくったサーファクタントをチューブで肺に

入れることもあります。

 

早産で未熟児で生まれる可能性がある場合には、

出産前に母親にステロイド剤を使い、

サーファクタントの生産を助ける予防策がとられることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL