臍肉芽腫

へその緒がとれた後に、

へその底から、米粒大ぐらいのふくらみができるのが、

臍肉芽腫です。

 

へその緒がとれた後の乾きが悪く、

細菌が感染して炎症をおこすのが臍炎と呼ばれています。

 

症状としては、

どちらの場合もジュクジュクした液が出て、

血が出ることもあります。

さらに臍炎では、へその周りが剥がれます。

 

 

臍肉芽腫の治療法

臍肉芽腫はすぐに取り除き、

おへそがしっかり乾くまでアルコールなどで

消毒を続けます。

 

臍炎は、抗生物質を内服して治療します。

重症の場合には

入院治療が必要です。

感染が広がらないよう医師の指示に従ってください。

 

臍肉芽腫はほおっておくと治りにくく、

臍炎があっかすると細菌が血液にまわって

敗血症になることもあるので早めに小児科へ。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL