新生児黄疸

血液中の赤血球は常に破壊と生成を繰り返しています。

新生児黄疸とは、

赤血球が破壊されるときにできる

ビルビリンという物質が、

肝臓で処理しきれないときに、

皮膚や目が黄色くなるものをいいます。

 

新生児黄疸では、

生理的なものと病的なものとを識別し、

核横断(黄疸に伴う脳障害)を予防することが重要になります。

 

新生児黄疸の症状

生理的黄疸は生後2~3日から

みられることが多いですが、

生後4~5をピークに、

ほとんどは2~3週間のうちに自然に治ります。

 

お母さんと赤ちゃんが血液型不適合の場合など、

赤血球が破壊されやすいときにおこる病的な黄疸では、

重症になると、増加したビルビリンが脳に沈着して、

脳性マヒや難聴などの障害を残すことがあります。

 

新生児黄疸は生後4~5日ではっきりしてきます。

病院では退院まで毎日チェックをしていますので、

普通に退院したあとに、

急に悪化することはまずありません。

 

母乳で乳を飲んでいる赤ちゃんの場合、

母乳中にビルビリンの処理を妨げている働きのある物質が

含まれているため、黄疸が生後1~2ヶ月まで

残ることがあります。

 

新生児黄疸の治療

ある程度以上強い黄疸は、

光線療法をします。

 

これは、特殊な光線で赤ちゃんの皮膚を照らし、

ビルビリンを分解して体外に出しやすくするものです。

 

重症の黄疸の場合は、

交換輸血によって血液中のビルビリンを取り除きます。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL