新生児仮死

新生児仮死とは、

生まれる前から何らかの原因で酸素不足になった、

分娩時にへその緒が首に巻きついた、

胎盤が早くにはがれてしまった、

などのことが原因となって起こるものです。

 

胎盤早期剥離、臍帯脱出、胎便吸引などの

異常がある場合によく見られます。

 

新生児仮死の症状

生まれたときに産声を上げない、

刺激を与えても反応しない、

チアノーゼがあるなど、

呼吸、循環機能、神経機能に障害が出ます。

 

重症の場合は、けいれんを起こしたり、

酸素欠乏で死亡したり、

脳性麻痺や知能障害などの後遺症を残すことがあります。

 

新生児仮死の治療

軽症の場合は、足の裏をたたいたりして

刺激するとまもなく呼吸を開始します。

 

救急蘇生術、人工呼吸、酸素吸入など

あらゆる手段をつくします。

 

現在は胎児モニターで胎児の健康状態が

かなりわかるようになっています。

 

状態が悪いときには、帝王切開などで

早くに胎児を救い出すことができるようになり、

重症の新生児仮死は減る傾向にあります。

脳の障害なども最小限にとどめることができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL