新生児メレナ

血液を固める働きをする物質をつくるのに

必要なビタミンKの不足で、

消化管出血(メレナ)がおきます。

 

新生児の消化管に起こった出血を総称して、

新生児メレナといいます。

 

新生児メレナの症状

胃や腸から出血するために、

突然、真っ赤な血や黒っぽい血を吐き、

真っ赤な便や黒い便が出ます。

出血量が多いときは吐物も便も紅色になります。

 

新生児メレナの原因

原因となる病気のみられない場合を

真性メレナといいます。

 

これは生後の一時的なビタミンK欠乏による一過性の出血です。

ビタミンKには血液を凝固させる働きがありますが、

新生児はビタミンKが不足ぎみで肝機能も未熟なため、

 

血液が固まりにくく、出血が起こりやすくなるのです。

 

真性メレナに対し、

出産のときに血液の混じった羊水を飲み込んだりしたために

起こる吐血や血便を仮性メレナといいます。

これは見かけだけのもので、本来のメレナではありません。

 

また、胃や腸にはっきりした病気があって、

その部分症状として出血をみるものを症候性メレナと呼んでいます。

 

新生児メレナの治療

ビタミンKの投与で2~3日で治ります。

重症な場合は輸血をします。

ぜんざいは生後すぐと生後1ヶ月に赤ちゃんにビタミンKを

投与するのですくなくなりました。

また、予防のために新生児に

ビタミンK2シロップを飲ませる方法が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL