酵素で夏風邪を防ぐ

夏風邪を防ぐには、だ液が潤沢であることが重要です。

だ液の中には、リゾチームという酵素が含まれています。

 

リゾチームは、細菌を溶かす働きをします。

 

風邪薬の成分をよく見ると、

「リゾチーム塩酸塩」という成分が含まれていると思います。

 

リゾチームは、卵の白身にも含まれていて、

卵に細菌が入ってきても溶かしてしまいます。

つまり、卵というのは意外にも腐りにくいのです。

 

それと同じで、

だ液の中にリゾチームの多い人は、

食中毒にもなりにくいのです。

 

また、夏風邪をひいても咽喉が腫れにくいといった特徴があります。

リゾチームの多い人は、

夏風邪にかからないというよりは、

ひいたとしても、悪化しにくいのです。

 

だ液を増やす方法

・よく噛んで食べる

・おいしいものを食べる

 

これらを心がけることで夏風邪に関わらず、

体の抵抗力を増やすことが可能なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL