百日ぜき

百日ぜきとは、名前の通り、

はげしいせきの出る期間が長いのが特徴です。

 

百日ぜきは百日ぜき菌がせきやくしゃみで

鼻や咽喉に侵入して感染します。

 

一度感染すると二度とかかりません。

 

母親から免疫を受け継がないため、

新生児でもかかることがあります。

年齢が低いほど症状が重く、死亡率も高くなります。

 

百日ぜきは三種混合ワクチンのおかげで、

ずいぶん減りましたが、

今でも小さな流行はあちこちで見られます。

感染してからの潜伏期間は約1週間です。

三種混合ワクチンの予防接種は、

生後3ヶ月から受けられます。

 

 

百日ぜきの症状

せき、くしゃみ、鼻水などのかぜ症状が

1~2週間続きます。

この時期がもっとも感染力が強いです。

 

苦しそうに顔を赤くして、

コンコンとせきこんだあとに

「ヒュー」と音をたてて長く息を吸い込みます。

 

これがレプリーゼといわれる、百日ぜき特有の呼吸で、

夜中や明け方に多いです。

せきが激しい期間は2~4週間程。

 

その後、せきの回数がだんだんと減り、

発作を起こさなくなります。

 

軽いせきは1~2月ほど続くこともあります。

合併症がない限り、強いせきの割りに熱は出ません。

 

百日ぜきは月齢の小さい赤ちゃんがかかると重症になることもあります。

生後6ヶ月以下の小さい赤ちゃんは、

粘り気のあるたんを外に出すことができず、

無呼吸発作で呼吸混乱におちいることもあります。

 

息がつまったような発作がみられたら、

すぐ病院へ連れて行きましょう。

 

 

百日ぜきの治療

百日ぜきというぐらいですから、回復までに時間がかかる病気です。

早期に診断してもらうことが大切です。

 

抗生物質を飲んできちんと治療すると

症状が軽くすみます。

 

家の中で安静にして、水分をしっかり与えましょう。

暖めすぎ、空気の乾燥、汚れは

せきをさそうので、適温、適湿、換気を心がけましょう。

すっぱいものや辛いものはせきをさそうので、さけましょう。

 

早期発見のコツは、

①咳止めを飲んでもせきがおさまらない

②特に夜間にせきが多い

③ 乾いたせきが数十回も連続して出る

この3つの症状がある場合は、百日ぜきの疑いが濃厚です。

 

乳児の場合は入院治療が必要ですが、

それ以外は通院治療となります。

 

せきの発作を少しでも減らすためには、

ほこりを立てない、タバコを吸わない、室温をあまり変化させない、

湿度を高めに保つ、ときどき窓をあけて換気する、

といった点に注意しましょう。

 

三種混合予防接種とは

三種混合ワクチンの三種とはDPT、

つまり

ジフテリア(D)

百目ぜき(P)

破傷風(T)

のための予防接種です。

 

ワクチンの種類は不活性ワクチンとトキソイドの混合です。

 

3ヶ月~1歳までに3~8週間おきに3回、

初回接種の1年~1年半後に追加接種を1回、

11~12歳に追加接種を1回すると完璧です。

 

ワクチンの接種は注射で行いますので、

1回目が左腕なら2回目は右腕というように、

前回どちらに打ったかを記録しておきましょう。

 

三種混合は接種回数が多いですが、

たとえ予定通り受診できなくて、例え1年ぐらいあいてしまっても、

2期までにきちんと受ければ免疫が得られますので、

最初からやり直す必要はありません。




りんご病は大人もかかる 関連記事


百日ぜき への1件のコメント

  1. ピンバック : マイコプラズマ肺炎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL