溶連菌感染症

溶連菌感染症は、

患者の咽喉の扁桃についている溶連菌の感染で起こります。

 

溶連菌といっても特別な菌ではなく、

菌そのものはありふれた細菌で、様々な病気を引き起こしている菌です。

 

せきやくしゃみでうつる場合と、

とびひやおできについた菌に接触してうつる場合があります。

 

全身に発疹の出るものはショウコウ熱と呼ばれます。

3歳以上に幼児に多くみられる病気で、

感染力が強いので、

兄弟がいるときは一緒に受診しましょう。

 

また、大人がかかることもありますが、

赤ちゃんが感染することはまれです。

 

溶連菌感染症の症状

39~40度の高熱が突然出て、

のどの痛みを伴います。

中耳炎や唇の端がただれるなどの症状が見られることも。

筋肉痛や関節痛を伴うこともあります。

 

発熱から1~2日後に、

首、胸、手首、足首を中心に、かゆみのある

赤い細かい発疹が出て全身に広がります。

 

口の周りだけは発疹が出ないので、

口の周りが白くなるのが特徴です。

 

舌全体も赤くなって、いちごの表面のように、

しだいに赤いブツブツができます(いちご舌)

 

咽頭から溶連菌が検出されたり、

血液検査で証明されたりした場合に

溶連菌感染症として診断され、治療を行います。

 

溶連菌感染症の治療

主に溶連菌に有効なペニシリン系の

抗生物質の服用で2~3日で解熱します。

発疹も1週間程度で軽くなり、

2~3週間ぐらいで、発疹の出ていたところの皮膚が

パラパラとむけて治ります。

 

ただし、これらの症状は幼児期から学童期に見られるもので、

3歳以下の子が溶連菌に感染した場合は、

熱や発疹がなく、のどの症状のみのこともあります。

 

薬は症状が治まっても菌が完全になくなるまで、

医師の指示に従って飲み続けましょう。

のどの痛みで食欲がないときは無理をしないで、

水分補給だけはしっかりとしましょう。

 

回復して2~3週間後に、

むくみや血尿がでる急性腎炎や

リウマチ熱などの合併症を起こすこともあります。

そうなると治療がたいへん長引きます。

処方された抗生物質の量や回数を守って服用しましょう。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL