水ぼうそう

水ぼうそうは、

水痘帯状疱疹ウィルスの感染で起こります。

 

水ぼうそうは、お母さんからもらう免疫の効果があまりなく、

生まれてすぐでもかかる可能性があります。

 

潜伏期間は2~3週間程です。

 

せきやくしゃみから、

また、直接発疹に触れることでもうつり、

感染力が強いので、

兄弟にはまず必ず移ります。

 

1歳から任意で予防接種を受けることもできます。

 

また、ウィルスが長く体内で生き残って、

大人になってから帯状疱疹を引き起こすこともあります。

 

水ぼうそうの症状

最初は直径2~3mmの赤い発疹が、

頭や顔、おなか、背中に出て、

数時間~半日で水ぶくれになります。

水ぶくれの中の水は白く濁っています。

 

熱は38度前後で、出ないこともあります。

口の中に水ぶくれができることもあり、

ピーク時には、赤い発疹、水ぶくれ、かさぶたが混在します。

 

発疹が出始めてから1~2週間で、

水ぶくれの全部がかさぶたになります。

かさぶたがとれると、皮膚の色が抜けたような跡が残りますが、

だんだんと目立たなくなります。

 

【注意】
意識がはっきりしなくなったり、

けいれんが起きたときにはすぐに病院へ。

まれにおこる合併症、ライ症候群は

命にかかわる病気です。

 

 

水ぼうそうの治療

家の中で安静にし、水分はたっぷりと与えましょう。

症状によっては抗ウィルス剤の内服薬が処方されるので、

指示どおりに飲ませましょう。

 

水ぼうそうにはウィルスの病気の中では珍しく、治療薬があります。

アシクロビル(ゾビラックス)という抗ウィルス剤で、

これを初期のうちに飲むと、発疹や発熱を抑えることができます。

この薬を飲んでも抗体はしっかりできます。

 

水ぼうそうは、かゆみが強いのでかきむしらないように。

発疹をひっかいてしまうと、細菌感染を起こすことがあるので、

かゆみ止めの抗ヒスタミン剤が処方されることもあります。

 

口の中に水ぶくれができているときはしみるので、

熱いものや刺激物はさけ、やわらかくてのどごしのよいものを食べさせましょう。

発疹が完全にかさぶたになるまでは、

入浴、外出、登園は控えさせます。

 

水ぼうそうの予防接種

ワクチンの種類は生ワクチンで、

1歳以上で1回受けます。

 

水ぼうそうは、予防接種を受けても

15%ぐらいの子が実際にかかってしまいますが、

かかっても軽症ですみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL