ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナとは、

コクサッキーウィルスA群エンテロウイルスの感染で起きる夏風邪の一種です。

原因となるウィルスが数種類あるため、

何回もかかってしまうことがあります。

 

高熱と咽喉にできる水泡が特徴です。

それ以外の症状は軽く、あまり心配のない病気です。

 

せきやくしゃみのほか、便に出たウィルスをさわった手を通じて

口から入ることもあります。

 

5歳以下の子供に多く見られる病気で、

感染からの潜伏期間は1~5日程度。

 

大人がかかった場合はヘルパンギーナとは診断されませんが、

同じ症状の夏風邪になることはあります。

 

ヘルパンギーナの症状

突然39度前後の高熱が出て、

のどの奥の扁桃辺りに水泡ができます。

 

水泡が破れて白っぽい潰瘍になり、それがとても痛いので、

小さい赤ん坊の場合、不機嫌になり、お乳の飲みが悪くなります。

 

飲み物、食べ物を全く受け付けないときは、

病院で点滴による水分補給が必要です。

発症するのが夏ですので、脱水症状を起こす危険性が高いためです。

 

2~3日すぎても食べられないときは早めに病院へ行きましょう。

のどちんこの周りに小さい水ぶくれがたくさんできます。

2~3日で水ぶくれがつぶれて潰瘍になります。

 

痛みが強く、つばが飲み込めないため、よだれが多くなります。

 

熱は1~4日で下がりますが、

かようが治るまでには1週間ほどかかります。

治りかけの時に高熱、頭痛、嘔吐がみられたらすぐに病院へ。

まれに無菌性髄膜炎という合併症を引き起こすことがあります。

 

 

ヘルパンギーナの治療

ウィルスが原因ですので、病気そのものをやっつける薬はありません。

家の中では安静にして水分をたっぷり補給しましょう。

 

高熱には解熱剤が使われるので、医師の指示に従ってください。

 

口の中が痛いので、暑いもの、すっぱいもの、辛いものをさけ、

スープやプリンなどやわらかくて簡単に飲み込めるものを食べさせましょう。
食欲がないのは長くても2~3日です。

たべられるものを少量でも与えましょう。

哺乳瓶で飲みたがらないときには、

スプーンやストローで少しずつでも水分を与えます。

 

特別な治療をしなくても熱は1~3日で下がり、

口内炎も1週間ほどで治ります。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL