心室中隔欠損症

心室中隔欠損症とは、

生まれつき左心室と右心室のあいだの壁に

穴があいていて、

左心室の血液が右心室へ流れてしまう病気です。

 

穴が大きい場合、左心室から右心室のほうへ

大量の血液が流れ込むため、身体へ送り出される血液量は激減します。

 

 

心室中隔欠損症の症状

心臓から聞こえる音は、

心音と心雑音があります。

 

心室中隔欠損症では、

生まれて数日から数週間後に、

この病気特有の心雑音がするので発見されます。

 

軽いものでは、外からみた症状は全くありませんが、

重症の場合は、大量の血液が肺に流れ込む、

肺高血圧症や、心不全をおこして命に関わることもあります。

心室中隔欠損症は先天性心臓病の中で最も多い病気です。

 

心室中隔欠損症の治療

穴の位置、種類によっては放置しておいても

3歳ぐらいまでに自然に穴がふさがりますが、

症状の程度によっては手術を行います。

 

穴を通る血液の量が体の負担になっていないかどうか

定期的に検査をしながら経過をみます。

 

大人の心室中隔欠損症が非常に少ないので、

自然閉鎖はかなり多いと考えられます。

心臓に負担がかかっている場合は内服薬が処方されます。

 

傷口から細菌などが侵入し、

感染性心内膜炎をおこしやすいので注意が必要です。

虫歯から感染することが多いため、虫歯の予防が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL