大動脈弁狭窄

左心室と大動脈の境には、

血液の逆流を防ぐ、大動脈弁がついてきます。

大動脈弁が十分に開かないと、

左心室の中の圧力が高まります。

同時に大動脈は狭くなりますが、

この大動脈が狭くなる病気を大動脈弁狭窄といいます。

 

ほとんどは心雑音や心電図検査で発見されます。

運動中に胸が痛くなったり、

湿疹することもあるので、たとえ無症状でも運動を制限しなければなりません。

ときには突然死を招くので、日常生活に注意する必要があります。

 

軽症の場合は、定期的にようすをみます。

中等症異常の場合は、外科的手術を行うか、

動脈へカテーテルを挿入しバルーンによる弁形成術を行います。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL