手足口病を甘く見てました

手足口病は小さい子供しか罹らないと思っていましたが、大人にもうつるのですね。

息子が幼稚園の時、クラスで手足口病が流行しました。

夏場でしたので、簡易プールでの水遊びがあり、それで流行したようです。

 

息子の症状は口の周りに赤い発疹ができ、さらに口の中にも発疹ができて、食べものがしみると言っていました。

熱は出なかったので、食事の時に気になる程度で、普通に幼稚園にも通っていました。

 

その頃は、手足口病は子供だけにしか、うつらないと思っていましたので、

息子と一緒にふろに入ったり、布団も一緒に寝ていました。

 

息子が手足口病に罹ってから4,5日したころから、

私の手のひらや指と指の間に赤い発疹ができて、かゆくてかいていました。

まさか、手足口病に罹ったとは思っていませんでしたので、あせもと思っていましたが、

指と指の間をかいていたら、妻から、手足口病がうつったんじゃないのか、と言われました。

 

妻の話では、息子の幼稚園の通っている園児のお母さんでも、

手足口病にかかっている人がいると、とのことでした。

その話を聞いても、手足口病に罹ったとは思っていませんでしたが、

食事のとき私の口の中にも発疹ができており、熱いものや辛いものがしみました。

息子と同じ症状でしたので、そこでホントに足し口病に罹ったことを確信しました。

 

ただ、手足口病に罹っても別に病院に行かなくそのうち治ると思っていました。

事実、息子も1週間くらいで自然治癒していました。

1週間、口の中がしみるのと、指がかゆいのを我慢すればいいと思っていました。

 

しかし、口の中に発疹ができた次の日に微熱(37.5度位)が出始めました。

風邪をひいたか、もしくは発疹は手足口病ではなく、麻疹ではないか、などと思い出しました。

私は子供の時、麻疹に罹っていませんでした、もしかして大人になってから罹ってしまったかと少し焦りました。

大人が麻疹に罹ると重症化する、と聞いていたからです。

 

そのため、次の日に近くの診療所に受診に行きました。

すると検査の結果は、手足口病でしょう、とのことでした。

麻疹は発疹が全身に出るし、熱ももっと高いそうで、麻疹ではないと言われ、

手足口病も大人にうつるし、微熱が出ると説明を受けました。

また、手足口病には特に薬もないし、治療法もないので、2、3日我慢してください、とのことでした。

 

麻疹ではなくホッとしましたが、ホントに手足口病が大人にもうつることにびっくりしました。

もしかして、大人のほうが症状も重いのではないかとも感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL