ガラクトース血症

ガラクトース血症とは、

乳糖に含まれているガラクトースの

代謝ができない病気です。

 

新生児マス・スクリーニングの対象疾患のひとつです。

生後1~2週間くらいから嘔吐、哺乳力低下で発症し、

やがて白内障、知能障害などがみられます。

 

 

ガラクトース血症の治療

3~4万人に1人の頻度で発生する病気です。

乳糖を除去した特殊なミルクを与えます。

その後も乳糖を除いた食事を続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL