マイコプラズマ肺炎

一般的な肺炎は、風邪をこじらせて、

のどの炎症が肺にまで進んで起こることがほとんどです。

 

ウィルスや細菌が肺に炎症を起こした状態です。

 

マイコプラズマ肺炎は、

細菌とウィルスの中間のような性格をもった

マイコプラズマという微生物が肺に感染して起こります。

 

赤ちゃんにはあまり見られず、

5~10歳ぐらいの子供がかかりやすい傾向があります。

 

マイコプラズマ肺炎の症状

症状は、鼻水、鼻づまりに39~40度の高熱が続くことが多く、

しつこいせきが出たりします。

 

本人は比較的元気で、全身状態もいいのが特徴です。

熱がなかなか下がらないので、

X線写真を撮ってみると、肺炎の影が出ていて診断がつきます。

血液検査でわかることもあります。

 

マイコプラズマ肺炎 の治療

治療にはテトラサイクリン系やマクロライド系

(エリスロマイシン、クラリスロマイシンなど)

といった抗生物質を使います。

 

入院治療することもありますが、

軽症なら入院せずに、通院で治療も可能です。

治療すれば、2週間ぐらいでせき、熱などもすっかり治り、

X線写真にも肺炎の影が写らなくなります。

 

マイコプラズマ肺炎 は、ウィルス性の肺炎ほどではありませんが、

うつりやすい病気です。

熱や強い席があるときは家で安静にしていましょう。




りんご病は大人もかかる 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL