アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックは、

食物や薬剤、ハチの毒などによるアレルギー反応によって起こる、

呼吸困難、意識喪失、血圧低下という

命にかかわる状況の総称です。

 

食物で起こる場合は、食べてから早ければ数分、

遅ければ数時間後に起こる即時型アレルギーです。

 

最も多いのは食べて30分以内です。

アレルギーとはIgE抗体という抗体で起こります。

 

たとえば、卵に食物アレルギーがある子供が卵を食べると、

その子の持つIgE抗体と卵が反応し、

全身にある肥満細胞と好塩基球という細胞から、

ヒスタミンなどの化学伝達物質が出ます。

 

ヒスタミンに代表される化学伝達物質は、

血管を拡張させ、血管から水分を漏出させる作用があります。

すると皮膚は赤く盛り上がり、かゆみを引き起こします。

これが蕁麻疹です。

 

アナフィラキシーショックは、蕁麻疹の延長線上にあるもので、

この減少がのどや気管などの粘膜に起こると、

のどがかゆくなり、ゼーゼーと呼吸困難を起こします。

 

また、血管から水分が漏れて蕁麻疹が悪化すると、

全身を回っている血液量が減り、血圧が下がります。

血圧が下がるとまず影響を受けるのが脳で、

脳に行く血液が減ると酸欠状態になって意識がなくなります。

 

これが究極のアレルギーといわれるアナフィラキシーショックで、

重症の場合は死に至ることもあります。

 

 

一度でもアナフィラキシーショック、またはそれに近い状態になったら、

原因になった食品を特定し、厳重に除去する必要があります。

 

ショック症状を起こしたら、3時間以内に食べた食物をメモし、

専門医に行ってください。

死に至る可能性もありますから、

検査で原因となる食物を特定することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL