アセトン血性嘔吐症

アセトン血性嘔吐症は、

血液中のアセトンという物質が増えすぎると起こる病気です。

 

一般的に自家中毒といわれ、

突然元気がなくなり、顔色が悪くなって激しく吐きます。

周期的に嘔吐を繰り返し、

しだいにコーヒーかすのようなものを吐くようになります。

 

一見、重症のように見えますが、

命にかかわるような病気ではありません。

 

幼児から小学生ぐらいに見られる病気で、

心身の疲労が原因といわれています。

自律神経の変調によるもので、

神経質な子供が発作的に発病します。

 

 

アセトン血性嘔吐症の治療

嘔吐が始まったら、脱水症状を起こさないように

砂糖水やイオン飲料を少しずつ与えてください。

飲んだものをまた吐いてしまう場合は病院へ。

 

吐き止めの薬を処方されたり、

重症の場合は絶食させて、点滴治療をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL